こだわりがないなら注文住宅なんて建てるな!

悩むな!考えるな!注文住宅へのこだわりをカタチにするとっておきのやり方

わたしは絶対に
こだわりの注文住宅を建てようと思っていました!

注文住宅わたしのこだわりは吹き抜け!
憧れちゃうんだよな〜!こだわりの注文住宅!

テレビや雑誌で、こだわりの注文住宅を見るたび、
「俺もあーいうこだわりの注文住宅に暮らすぞ!」
って、思いました。

でも、いざ注文住宅を建てようと思うと、
「俺の家へのこだわりってなんだろう…。」
と、いきなりのトーンダウン…。

それからは、
雑誌やテレビのこだわりの注文住宅ってのを見ても、
「たしかにこだわっているけど、俺のこだわりとは違う…。」

当たり前なんですけどね!

さて、それからわたしは悩みに悩んで、
苦しみまくって、回り道や寄り道をしまくりながらも、

なんとか今ではこだわりの注文住宅で
幸せに暮らしています!

ただ、最終的にこだわりの注文住宅の建て方を知ってからは、
あっという間に建っちゃったんですよね(笑)!

なので、あなたが、
「こだわりの注文住宅を建てたいけど、
自分のこだわりがいまいちわからない。」

と悩んでいるのなら、

これからご紹介するわたしの注文住宅を建てた方法が、
きっとお役に立つと思います!

ぜひあなたは遠回りせずに、
なるべく早く注文住宅を立てちゃってくださいね!

でないと余計な出費がかかっちゃうかもしれませんから…。
(詳細は後ほど説明します。)

泣くに泣けない!こだわりの注文住宅失敗体験談

こだわりの注文住宅って流行ってますよねー?
テレビとか見てても、

「こんなに狭い土地でも、
4人家族みんながのびのびと暮らせるような
こだわりの注文住宅を建てました!」


とか、
「富士山がよく見えるように、
大きなガラス窓のあるリビングにこだわりました!」


とかね!

それからよくあるのが、収納にこだわった注文住宅。

「料理が好きなので、よくある建売のキッチンでは我慢できず、
こだわり抜いたキッチンのあるマイホームを注文住宅で建てました!」


とかね!

そういうのを見てると、
「おー、カッコいいな!
やっぱりマイホームはこだわり抜いた注文住宅だよな!」

なんて思っちゃいますよね?

わたしはバリバリ思ってました!

酔っ払って帰ったら、お隣に間違って入っちゃいそうな、
同じような家がズラーっと並んだ建売なんて考えられない!


そう固く心に誓いましたよ(笑)!

それまでテラスハウスに住んでましたので、
実際に隣のおじいちゃんが、酔っ払って帰ってくると、
必ずウチのピンポンを鳴らしてましたしね(笑)!

絶対に個性的な家で、
友だちが来ても、親戚が来ても、
「すご〜い!こんなふうになってんだぁ〜!」
みたく色々感動や驚きの言葉が聞けるような家!

そして何より、奥さんや子どもたちから、
「お父さんが建てた家、すご〜い!お父さん、さすが!」

って言われる家を建てたいって!

なので、そういうこだわりの注文住宅を
紹介するテレビ番組もよくみてたんですが、

「そこにこだわるか・・・?」

とか、

「う〜ん!そこに金かけたくないなぁ…。」

みたいな感じで、
そういう目で見だすと、なかなか参考になる家がないんですよね。

ま、自分だけのこだわりの家を造ろうっていうんだから、
当然って言えば、当然なんですけどね。

そこで、今度は注文住宅の雑誌とかを購入してみました。

雑誌なら、テレビほど一般受けする内容じゃなく、

「もっと地味な感じで
参考にできる部分がたくさんあるんじゃないか?」


と思ったんですよね。

確かに、後々参考になりそうなものもありましたけど、
今度はちょっとマニアックというか、再現性がなさすぎというか…。

そこの工務店のその大工でしかできないような技だったり、
それこそ、
「そんなところにこだわってどうするかな?」
って思っちゃうようなポイントだったり。

仕方ないんですが、
雑誌だと小さい写真しかなかったり、モノクロだったりして、
イメージも湧きにくいのが原因かもしれませんね!

で、結局またネットで調べてみだしたんですが、
なんだか嫌な情報も目につき出したんですよね。

テレビで見たこだわりの注文住宅に憧れて、家を建てました!
でもそのこだわりって、自分のこだわりじゃなかったんですよね…。

なんだか人の家に住んでる感じで、不完全燃焼な気持ちです。

なんか分かる気しますよね〜?

吹き抜けのリビングが憧れだったんです!
でも住んでみると、暖房が全然効かなくって冬寒いんですよ!

家って、居住性がいちばん大事なんですね…。

コレって実際住んでみないと
実感わかないかもしれませんよね。

飼ってる猫が自由に歩き回れるように、
テレビで見たことあるような
キャットウォークを家中に張り巡らせたんです!

あっちこっちの掃除が大変で!高いところは手が届かないし…。

わたしは猫は好きじゃないんですが、
猫好きでもこういうってことは、

そーとー掃除が大変なんでしょうね(笑)!

書斎がどうしても欲しかったんです。

妻と話し合って、ウォークインクローゼットの奥に
無理やりスペースを取って作りました。

かなりわたしのわがままを通して書斎を作ったんですが、
結果、ウォークインクローゼットの真ん中が通路になってしまい、
収納力半減…。いまでも妻にグチを言われています。

一生言われるんでしょうね(苦笑)。

こだわりはいいですけど、
あんまり自分だけのわがままを通すと、

「お父さんすごい!」どころか、
家族から一生グチを言われることになりそうです…。

広いリビングに憧れて、その分玄関を犠牲にしたのが大失敗…。

とっても使いにくいし、家の顔と言われる玄関が情けないことに…。
夫婦ともども広いバルコニーのあるおうちが夢だったんです。

でも、実際2階に広いバルコニーをつけたら、
下のリビングに全く日差しが入らなくなっちゃった…。

先に言えよ設計士(怒)!

こういうのって、ハウスメーカーなり工務店なり、
助言とか提案してくれてもいいですよね!

とにかく部屋を広くしようと、収納まで頭が回りませんでした。

実際住んでみると、荷物が溢れて
結局タンスだの収納ボックスを新しく買うことに…。

こんなことならはじめから作り付けの収納やクローゼットを
作ってたほうが広いしかっこよかったかも…。

実際に住んでみないとわからないとか、
実際に住んでみたら、余計に金がかかったとかって
一番きつい失敗かもしれませんね。

大きな窓のあるリビングを作ったんですが、
掃除は大変だし、やたら値段は高かったし、結露はするし、断熱性も悪いし…。
そのくせ外からの視線が気になってカーテン閉めっぱなし…。

これなら大きな窓なんて必要なかったかも…。

こうやってみていると、
こだわりっていうのは一長一短なんですね。

ドコかにこだわれば、
何かを捨てたり、何かを我慢しなければいけない…。


う〜ん…。

ネットの情報だけではなんとも言えないので、
実際に注文住宅を建てた
知り合いや友人からも情報を集めてみました。

子供が小さかったんで、思いっきり可愛い子ども部屋にしたんだよ。
5年も経ったいまでは子供が、
「あの部屋恥ずかしくて友達呼べない。」

・・・・・・・。
子供って、いつまでも子どもじゃないんだよな…。

これ聞いたときは、
「たしかに家建てるときはノリノリで気づかないかもしれないけど、
結構ありがちな失敗かもな。」

って思いましたね。

聞いてなかったら、
間違いなくわたしも同じ失敗してたっぽいです(汗)。

ハウスメーカーに勧められたのもあって、ソーラーパネルをつけたんですけどね…。

あれって、ウチのタイプだと固定資産税は余分に取られるし、
思ったより電気代も得にならなかったんです。残念極まりないです!

これは専門的でよくわからなかったんですが、
太陽光発電システムは、
得する家と割にあわない家が、どーもあるようですね…。

奥さんがどうしてもって言うから、外壁は珪藻土の塗り壁にしたんです。
でも、2〜3年経つとコケや汚れが目立ってきて、
目も当てられない状態になってきたんですよ。

そこで頑張って、大枚はたいて高圧洗浄機を買っていざ使ってみたんですが…。
なんと、外壁の珪藻土がポロッと剥がれちゃったんですよ!

驚いて注文住宅を建てた工務店に相談したんですが修繕費がバカ高くて…。

これはちょっと怖い例ですよね?

このおたくは、今でも剥がれたままにしてるそうですが、
そのままでは家自体が痛んで余計お金がかかることになるからと、
工務店から早めの修繕を勧められてるようです。

珪藻土の塗り壁の外壁は、今流行のサイディングなどに比べると
後々お手入れが大変になってくるそうですね。

素人がこだわりすぎると、お金ばかりかかって住みにくい家になる!?

 


なんかこのあたりから
自信がなくなってきたんですよね。

素人が変なところにこだわると、
かえって住みにくい家になるんじゃないかって…。

かなり弱気になってきましたよ。
こだわりは捨てたほうがいいのか?
いっそ建売にするか?


ってね。

そんなもやもやとした気分のまま、 なんとな〜くネットで飽きもせずまた調べてたんですよ。

そうしたら、
ちょっと気になるサイトを見つけたんですよね。

注文住宅でこだわりをうまくカタチにした人達が共通して使っていた必殺技?

もやもやとした気分のままネットサーフィンをしていたので、
何というキーワードで検索したのかは覚えていませんが、

とにかくたどり着いたのが、
注文住宅相談サイト「タウンライフ家づくり」
というサイトです。

注文住宅相談ってキーワードに惹かれましたね!

注文住宅について相談できるんだ!って。

いままで、
自分のこだわりについてや
注文住宅を建てることについての相談相手

ってのがいませんでしたから!

このサイトを見てわかったことは、
自分以外にも注文住宅で悩みを持った人が多いんだなってこと。

例えば・・・、

  • ハウスメーカと工務店と設計事務所の違いがよくわからない。
  • 注文住宅を建てるのに相談相手がいない。
  • 仕事で忙しいので、時間が取れない。
  • 自分が住みたい間取りの家のイメージがわかない。
  • 会社によって見積もり金額が違いすぎてどこに頼めばいいのか分からない。
  • 自分にあった予算やローンの金額がわからない。

↑こんな悩みを持った人たちがこのサイトの利用者らしく、
このような悩みを家造りのプロが無料で解決してくれるらしいんです!

なので、このサイトを利用すると・・・、

  • 住宅展示場に行く必要がなくなる!
  • いろんな会社に何度も通う必要がなくなる!
  • 自宅で間取りプランや資金計画を立てられる!

つまり、わたしみたいに自分のこだわりを具体的にイメージできなくても、
プロが提案してくれて、しかもそれに基づいた資金計画まで立ててくれる
っていうんです。

しかも自宅にいながら、しかもしかも無料で!

とは言え、その時のわたしはちょっと怪しみもしましたよ。
「なんでこんなサービスが無料で受けられるのかな?」
ってね。
「なんか裏があるんじゃないかな?」
ってね。

そこでこのタウンライフってサイトを利用して、
実際に注文住宅を建てた人の評判はどうなのか調べてみたんですよ。

さすが注文住宅!みんなすげーこだわってる!!

 


そもそもどんな人が利用してるのか、
気になって調べてみると…。

  • 一階を鍼灸整骨院にしたい!
  • バーベキューができるガレージがほしい!
  • 3LDk(1は10畳以上)を土地建物込み2,500万円以内で!
  • ゼロエネルギーハウス〈ZEH(ゼッチ)〉希望!
  • 完全分離2世帯、駐車場も2台以上!
  • 4LDK希望!土地も一緒に探してください!

言いたい放題だな(笑)!

これを素直に申し込みフォームに記入して送信すれば、
それに対してプロが間取りの提案をしてくれて、
見積もりも作成してくれて、

更に親身になって相談に乗ってくれる
っていうんだから、
これは利用しない手はないですよね!?

いや焦るな!タウンライフ利用後の口コミや評判はどうなんだ!?

 


そうそう、アセってはいけませんね!
実際にタウンライフを使ってみての、
体験談とか感想、口コミや評判も調べてからでないと…。

タウンライフ家づくりで工務店を契約しました!

とにかく備考欄にこだわりをたくさん書いたせいか、
資料を送ってきた業社は少なかったですが、
逆にこの時点でふるいにかけられたんだと思います。

利用してよかったと思います!

なるほどですねー!

こだわりを思いっきり書いて、
それでもやってくれるってところなら信頼できる
し、

そういう業社を手っ取り早く探すのにはいいかもしれませんよね!

悩んでもしょうがないので、思い切ってタウンライフに申し込んでみました!

入力自体は5分ほどで済み、おもったよりカンタンでした。
3日後一番早いメーカーからメールで連絡がありました。
その後も何件かのメーカーから連絡がありましたが、
中には提案などはなくカタログだけ送ってくるところもありました。
提案してくれた間取りはメーカーによってかなり違い、
比較検討ができとっても助かりました。

不安に思っていたしつこい営業も全然なく、
結果的に利用してよかったと思っています。

しつこい営業がないっていうのは安心ですね?

しかも一度の申請で何社かのアイデアを比較検討できるっていうのは、
かなりのメリット
だと思いました!

タウンライフを試してみると、
希望の間取りや敷地の広さ、方位・日照・地盤・近隣環境・利便性、
そして法令上の制限などを考慮した土地探し提案書が届きました!

その時のわたしは、家造りの知識がまったくなかったので、
無料でこれだけの資料がもらえたのはかなりのお得だなと感じました!

家造りに少しでも興味があるなら、
一度試してみて損はないと思います。

無料で請求できるのに、
ハウスメーカーのカタログだけじゃなく、
これだけの提案書が届く
っていうのは、
その後の話が早く進みそうでいいですよね!

なんだかいいことばかり書いてあるけど、タウンライフを利用するデメリットはないの?

 


なんだかメリットばかりが目立つ評判が多かったんですが、
デメリットがないのか気になったわたしはもうちょっと調べてみました。

すると・・・、

タウンライフ利用しました。
地方だったせいか、4社くらいしか請求対象にならず全てにお願いしました。
1社は連絡無しで、大手ハウスメーカー2社から
メールと資料がたくさん来るようになりました。

残り1社は地元の工務店で、要望をもとに、簡単な間取りと見積もりが届きました。

なるほど…。
地域や場所によっては、利用できる業者数が少ないのですね。

ただ、これはタウンライフのデメリットとも言い切れませんよね。

あと気になったのは、
メーカーによってはカタログだけ送ってきたり、
ちゃんとした提案書を送ってきたりと対応がバラバラ
なんですね。

またもう一点、
人によって、詳しい提案書が届く人もいれば、
この人みたいに簡単な提案書しか届かないと言う人もいる
ってこと。

これってもしかして、
申し込むときの要望の書き方で、
タウンライフを利用するメリットの受け方が変わる
んじゃないかな?
って思いました。

あまり悩んでても時間の無駄だと思ったわたしは、
思い切って申し込んでみましたよ!

なんせ無料だし(笑)!

このときに気をつけた点は、
なるべく希望をてんこ盛りにすること!

自分の家へのこだわりが何なのか、
漠然としていてもいいから、とにかくたくさん書いてみよう!
あとはプロに任せよう!


って、ちょっと開き直って、
箇条書きに書きなぐった感じ(笑)!

その結果、
わたしが注文住宅を建てようと思った場所は
それほど地方というわけでもありませんでしたが、

それでもまともに提案書を送ってくれたのは3社くらい。
あとはカタログだけって感じでした。

カタログとメールはしばらくたくさん届きましたが、
気になっていたしつこい電話営業とかはありませんでしたね。

大手ハウスメーカーは、
それほど暇でもないのかもしれませんね(笑)。

ただ一度だけ、
イタズラじゃないのかの確認ということで電話がありました。

結論から言うと、
わたしはタウンライフを利用してよかったと思います!

また、やっぱりわたしの利用の仕方が良かったんだと思いました。

というのも、わたしはこだわりをたくさんたくさん書きました。
しかもその書き方と言ったら、支離滅裂(汗)。

自分でもイマイチこだわりがまとまっていませんでしたので、
内容的にバッティングするようなものも多々ありました。

「断熱性が高く光熱費が安い家が良い!」
って言いながら、
「絶対に吹き抜けと大きな窓がある開放的な家にしたい!」
みたいな感じで…。

おそらく、
「こんなめんどくさいやつに付き合ってらんねー!」
って判断を下した業社が多かったんでしょうね(笑)

だから反応してくれた業社が少なかったんだと思います。

それでも3社は、
相当丁寧な提案書やそれにもとづいた見積もりを送ってくれました。

しかもその見積もりを見比べてみると、
同じような設備なのに金額が全然違かったりもするんです。

おそらくこだわりポイントに関して、
得意なものや不得なものが業社によってあるんみたいですね。

考え方によっては、
ここでふるいにかけることに成功したんでしょうね!

本来なら、自分のこだわりの要望書を持って、
たくさんのハウスメーカーを歩き渡らなくてはいけなかった
のを、
一度の登録で済むっていうのはスゴいなって思いましたよ!

最終的には、
広い窓と吹き抜けがありつつ、光熱費が安い!という
相反するこだわりを見事なアイデアで解決してくれた
地方密着型の工務店に決めました!

おかげで現在は、
大きな窓と吹き抜けがある無垢の木をふんだんに使った家のリビングで、
妻や子どもたちと楽しい幸せな時間を満喫しています!

しかも、暖房費はタダなんです!!

ここがその工務店のナイスな提案だったんですが、
我が家には薪ストーブを設置することにしたんです。

しかもその薪は近くの山を間伐したときに
タダでいくらでも貰えるんですよ!!

そのことも地域密着の工務店だったから知ってたんですね。

プロの提案には脱帽です!

そんなわけで我が家は冬でも
子どもたちは家の中ではいつも半袖短パン!

末っ子は短パン履くのもめんどくさいらしくいつもパンイチ(笑)!

わたしは休日ともなれば、
手作りのピザをその薪ストーブで焼いたりするんですが、
ピザを焼くためには結構温度を上げなくてはいけないため、
家の中の温度自体も急上昇!


そのせいで、暑くって暑くって、
ビールがジャンジャン進んじゃうんです!!

果たしてこれがメリットなのかデメリットなのかはわかりませんけどね(笑)!

結局タウンライフはおすすめなの?その上手な利用法は!?

 


先程も言いましたが、
こだわりの注文住宅を建てたいなら、
タウンライフの利用が絶対オススメです!


ただしその利用法に気をつけなければいけない点があります!

  • こだわりはとにかくたくさん書き込む!
  • まともな提案書を作ってくれない業社ははじめから相手にしない!

この2点だけを注意すれば、
タウンライフを利用したほうが、


こだわりの注文住宅は早く建てられますよ!

今思い返すと、
自分のこだわりを人に話すのにちょっと照れがあったのかな?
とも思います。

しかも、
「こんなこだわり、プロに話したら
バカにされるかな?話したら笑われないかな?」


とか、
「こんなところをこだわって失敗しないかな?」

なんて考えて、
自分のこだわりを書き出してみることすらせず、
頭のなかでうじうじ考えてただけだったんです。

開き直って、自分のこだわりをタウンライフの要望欄に書き出したら・・・、

出るわ出るわ(笑)!

自分でも驚くくらいのこだわりが!

もうこれはプロに丸投げしちゃえー!

その決断がいい結果を産んだんだと思ってますよ!

そもそも大した知識もないのに考えてたって
答えなんか出るはずないんです!


「こだわるってことは、それ以外を捨てることかな?」

なんて悩みもしましたが、

プロに任せれば、
相反するこだわりもカンタンに実現してくれる

んですから!

タウンライフ家づくり公式サイトへ!

こだわりの注文住宅に「あとで」は禁物!

で、
もしあなたがここまで読んで、少しでも

「お!これは役に立ちそうだな!」
と、興味を持ったら、

いますぐ登録することをおすすめします!

なぜか?

これはわたしの場合ですが、経験上
あとでやろうと思ったことは、あとになっても絶対やらない!
実はあなたも同じじゃないですか?

わたしはこのときは、
「絶対こだわりの注文住宅を建てる!」
と心に誓っていましたので、

支離滅裂でもいいから、
すぐさま自分のこだわりを書きまくって送ったんです!

こんな風に↓
注文住宅のこだわりをカタチにするためのオーダー

どうですか?
こんな感じでもいいんですよ。

こんなのならあなたも今すぐできそうでしょ!?

大事なのは、とにかく行動すること!
頭のなかでうじうじ悩んでいても、
せっかくのあなたのこだわりは
いつまでたってもカタチにならないんです!

少しでも家族との楽しい時間を
より早く、そしてより多く、過ごしたいと思いませんか?


そのためには、あなたのいち早い行動
唯一の解決策なんですよ!

どうかあなたもわたしのように、いや、わたし以上に、

こだわりの注文住宅建築を楽しく成功させてくださいね!

がんばれ!お父さん!!

タウンライフ家づくり公式サイトへ!
あ、お母さんだったらごめんなさい(笑)!

あっ!こだわりを注文住宅でカタチにする7つの法則を忘れてた!

わたし、大事なことを一つ言い忘れてました!
タウンライフを利用することのもう一つのメリットです!

それが、
「成功する家づくり7つの法則」
がもらえることなんです。

コレね↓
成功する家づくり7つの法則

内容は、公開してはダメって言われてるので、
ここでは書けませんが、

だいたいどういうことが勉強できるか?
その一部をご紹介しますね。
サワリだけね(笑)!

使い勝手がいい家こそいい家!

言われてみれば当然なんですが、

変なところにこだわると、
間違いなく使い勝手が悪くなる傾向がある
そうです。

とっても注意ですよね!

えー!最近はリビングを作らないのが当たり前なの!?

 


例えば、LDKについて。
最近はLDKは流行らないそうです。

これからはDKが主流なんだそうですね?

結構家をたてるときって、
リビングにこだわりません?

これが大間違いのはじめの一歩かもしれません!

LDKが流行らないってはじめはびっくりしましたが、
これも読んでその理由内容を知って
大納得!!

こだわりの注文住宅が失敗しない最重要キーワード、ゾーニングって?

 


ゾーニング!

あなたこんな言葉聞いたことありました?

わたしはこれを読んで初めて知ったんですが、
このゾーニングこそ、
注文住宅でのこだわりを失敗させないために
一番重要な知識
なんだと思いました。

とは言え、先程も言いましたように
ここでその詳細は書けませんので、

ゾーニングについて詳しく知りたい方は、
「成功する家づくり7つの法則」

いますぐ手に入れちゃってください!!!

絶対あなたのこだわりをカタチにする 手助けになること間違いないですよ!

また、「成功する家づくり7つの法則」は、
申し込んだ瞬間PDFで読めますし、
しかもPDFで52ページ!


読み応えたっぷりでありながら、
読むのがめんどくさくならない絶妙な分量(笑)!

わたしは申し込んだ直後一気読みしちゃいました!

おかげで、その後コンタクトを取ってきた業者さんに
より詳しく自分のこだわりを伝えることができました!

これもこだわりをうまくカタチにできた成功の一つだったと思います。

ぜひぜひ、あなたも
「成功する家づくり7つの法則」
だけはなんとしてもいち早く手に入れてくださいね!

ぜったいですよ〜!

成功する家づくり7つの法則